Monday, April 24, 2017
[薦]人気&おすすめ記事
日本語になった外来語の起源 その1 2004.05.07 前略、 外来語の反乱が指摘され始めて、すでにかなりの年月が経ちます。これまで指摘を受けてきたその反乱…
パソコンで作ったファイルをコンビニでプリントする。 2009.04.09  以前はインクジェットプリンターを持っていたが、何年か前に売ってしまった。  あまり使わないから。年…
日本語になった外来語の起源 その2 2004.05.07 前略、 ポルトガル語、オランダ語起源の外来語に続き、ドイツからのものを紹介します。 ゼッケン Zei…
[晴走雨読]テントのポールを補修する。 2009.08.15  テントのポールが折れている。  応急修理をしたままずっと使っている。  最初にポールが折れたときに…
海外通販でテントなどを買った。 2011.08.06  あいかわらず円高進行中なので、ひさびさに海外通販してみた。  その詳細。  今回は、アメリカの b…
中古のアイフォンを買ってバッテリーを交換するまで。 2015.01.30 アイフォン5sをヤフオクで買う。 側面などに落として付いた傷が少々あるが、まあ想定内。 機能には問題…
マックの音声出力がいつのまにかモノラルに。 2010.08.26  ずっとなんか変だなとは思っていたが、改めてよく聴いてみると愛機パワーマックG4 Cubeの音声出力…
短いメールアドレスを作る。 2009.04.14  知り合いとメールアドレスの交換をしたら見たことのないドメイン名だった。  @live.jp ってど…
iPad を目覚ましラジオに。 2012.11.11  目覚まし時計はうるさくて止めてしまって、二度寝してしまう。  スヌーズはスヌーズ機能をいちいち止め…
カシオ プレイヤー・コンパス 2004.05.26 前略、 「どうしよう。メッカの方向(キブラ)が全く分からない!」 「しまった。礼拝の時間が過ぎてしま…


前略、 ルーマニアを旅していたときの話である。 闇両替がまだ行われていたこの国では、観光客の多い大き…
前略、 イランのイスラム革命の後もアメリカの誤算は続いた。 革命の年、ホメイニ師の革命評議会に支援さ……
前略、 ラホールからバスに乗ってインドとの国境へ。 パキスタンの出国は簡単に済んだ。そこから長い一本……
前略、  ガイドブックのない旅にあこがれる。  井上陽水さんは思いつきで何の準備もなく空港へ行き、空……
前略、  安宿の部屋のドアに自分の南京錠で二重に鍵をかけると安全性は増すのだろうか?  以下の考察は……
前略、  よそのウェブログでアウトドア用品のウッドバーニング・クックストーヴの記事を書こうと思って考……
前略、 イランのイスラム革命の後もアメリカの誤算は続いた。 革命の年、ホメイニ師の革命評議会に支援さ……
 井上ひさしの「國語元年」の著者あとがきを読んだら、言葉は生きている、変化している、という文脈の中で……
 あいかわらず円高進行中なので、ひさびさに海外通販してみた。  その詳細。  今回は、アメリカの b……
言葉の家族
前略、

18世紀の末に勘の鋭いイギリス人のインド学者、W・ジョーンズがインドのサンスクリット語(仏教がかかれた言葉。般若心経の最後に出てくる「ギャーテーギャーテーハラギャーテー」はサンスクリット語が中国を通って訛りに訛ったもの)を読んでいてふと気がつきました。この言葉はギリシャ語やラテン語、さらには他のヨーロッパ語となんか似てるじゃないかと。

これまでの人は誰もヨーロッパ人が話す言葉とインド亜大陸で仏陀の時代に話され、すでに滅びた言葉に関連性があるなどということは考えもしませんでした。しかし、研究が進むうちに古い古いサンスクリット語だけではなく現在、ヨーロッパからインド亜大陸にかけて話されているほとんどの言葉にも強い相関関連があり、同じ一つの言葉の祖先を持つ家族であろうということが分かってきたのででした。つまり、これらの言葉は書き表す文字は全く違っていても類似した文法と共通した語彙を持つ仲間だということなのです。
これらの言葉はインド・ヨーロッパ語族と呼ばれ、フィンランド、エストニア、ハンガリーを除くすべてのヨーロッパ語(一部の少数民族[バスク語など]の言葉は除く)とイランからアフガニスタン、パキスタン、中央アジアの旧ソ連の一部の国とインドで話されるほとんどの言葉が含まれます。

新大陸では今や英語とスペイン語、ポルトガル語の天下で、広大なロシアではロシア語の天下、アフリカでも植民者のヨーロッパ語が幅をきかせているので、話者の数や面積でいうとインド・ヨーロッパ語は世界のほとんどを占めていて、その言葉を話さない場所をあげる方が早いくらいです。すなわち、東及び東南アジアと南インド、中東と一部のアフリカです。

これだけの大家族になると血はつながっていてもあまり似てないものとそっくりなものの違いがはっきり出てくるので、それぞれの似た小さな家族ごとに語派という形で分かれています。
英語はドイツ語や北欧の言葉などとまとまってゲルマン語派と呼ばれています。フランス、イタリア、スペイン、ポルトガルのいわゆるラテンの国の言葉はルーマニアなども加えてロマンス語派といい、ロシアと東欧、バルカン半島の言葉はスラブ語派というグループに入ります。

これらのインド・ヨーロッパ語族の中にはぽつんと孤立する例外があります。それがさきほどもあげたフィンランド、エストニア、ハンガリーで、これらの国の言葉はインド・ヨーロッパ語とは関連がないアジアから伝わってきた言葉で、アジアの騎馬民族がやってきたときに残していったものだといわれています。また、スペインの少数民族の言葉バスク語は旧石器時代にまでさかのぼる言葉ではないかともいわれています。

これらの中には別々の名前が付いていても言葉自体はほとんど同じというものもあります。例えばスウェーデン語とノルウェイ語はそれぞれの国の名前が付いていますが実際には方言以上のへだたりはないらしく、インドのヒンドゥ語とパキスタンのウルドゥ語も国と宗教、文字はが違うけれども基本的には同じ言葉だそうです。

では日本語はどのグループにはいるのか。これは昔から議論されてきた問題です。
日本語と朝鮮語は文法が非常に似通っている言葉であることは知られています。これらの言葉は膠着語と呼ばれ単語に助詞(てにをは)や助動詞などがくっついて(膠着して)文章を作ることからきています。
インド・ヨーロッパ語族の言葉は屈折語と呼ばれ、単語が変化(屈折)することによって文意を表します。英語はかなり簡略化されて屈折する部分が少なくなっていますが、他の言語では名詞の語形変化で格(主格、所有格など)を表したり、複雑な語形変化をして学習者を悩ませます。
世界の中ではアルタイ語族であるトルコ語やモンゴル語などが膠着語の仲間で一時は日本語や朝鮮語もこれらの語族とされていた時期もあったようですが、現在はここからは離れ、また似た文法を持ち文化的にも距離的にも近い日本語と朝鮮語も文法以外の単語間の相関関係が非常に低いということが同じ語族とするのをためらわせています。

では日本語はどこからきたのか。当然、どこからでもなくその場所から発生したオリジナルであるという考え方もあるのですが、どこからか来たとすると、北の中国語とは文法的に全く違う(中国語は語形変化もなければ助詞などが膠着することもなく単語の順番だけで意味を表すので孤立語と呼ばれています)ので、考えられるのは南(太平洋の島など)と西で、最近、有名なのはインドのタミル語語源説です。
タミルは南インドにあり、インドの中では数少ないインド・ヨーロッパ語族でない言葉で、映画「ムトゥ 踊るマハラジャ」や「ボンベイ」の作られたところとしても知られています。この説を発表した大野晋教授によるとタミル語と日本語の間には文法や単語の相関関係だけでなく言葉が渡ってきた場合に当然考えられる文化的な関係(カレーを米で食べる以外にも)も強く認められるとのことです。

草々
[爪切り]Lord of the Nail Clippers V
前略、



 もうひとつ気になっていたのが、同じツヴィリング社ツインSというタイプ(右)。
 折り畳み方がより洗練されていて、フラットに、さらに薄くなる。こちらは3600円ほど。
 こっちもほしくなったので、今度は都会にある別の小物屋に行くと、この爪切りと同時にまたしても見つけてしまった(左)。


 むむむっ…。前回買ったものはドイツでは一般的なデザインでいろいろな会社からほぼ同じ形の爪切りが作られているようだったのだが、これはオリジナルなものと思っていたのに。こんなにそっくりなものがあるなんて。店ではこの日本の貝印社の商品は2600円くらいで売っていた。
 始めてこれを見たときは、全く同じものだと思った。日本で作ったものをドイツに供給して相手先ブランドで売る、いわゆるOEMというやつなのだと。あるいはその逆か。それだったら同じものをわざわざ高いお金を出して買うことはないと思った。
 しかし、よくよく見てみるとそれぞれのブランドのロゴやマークが彫ってあること以外にもハンドルの溝やヤスリの付け方などの差異があったので、やはりこれらは違うものだろうと結論した。つまりはこの貝印はパチモンだと。
 で、今回はオリジナルのツヴィリング社のものを買った。
 でも現在メインで使っているのは、前回紹介した韓国製のほうである。最初の方にもかいたが、ぼくは深爪しておくタイプで爪の両端の肉との境の部分に爪切りの刃を食い込ませるので、ツインSのほうはデザイン上、刃の部分が太くて使いにくかったのだ。
 コンパクトなのでかばんの中に常に入れている。

草々



[パキスタン]謎の流通経路の輸入品マーケット
前略、

この国では懐かしいものによく出会った。
まず日本の車をよく見かけた。ただの日本車なら世界中で見かけるのだが、ここでは 日本で走っていた中古車に出会えるのだ。なぜ日本で走っていたということが分かるかというと中古車の車体やリア・ウインドに日本語の社名や電話番号などが 「○○ふとん店」などと入ったまま走っているからである。中には車体のペイントだけではなく、フロントグラスに吸盤でつけた「交通安全/○○天満宮」など という神社のお守りをぶら下げたものや、バンパーに「Tokyo Disneyland」などのスティッカーが貼ったままになっているものもあって楽しい。
さらにそれらの中古車の真似をして車体にでたらめな日 本語風の字を書いている車まである。車体の隅に四角で囲んだ「自家用」などとなんとか読める字を真似をして書いてあるものもあった。日本語が車体に入って いるほうがかっこいいとか値打物とでも見なされているのだろうか。(参考:[ミャンマー]ミャンマーの日本車「勇者が古都にあいまみえる」

ペシャワルはアフガニスタンに近い町でこの時は合法的にはアフガンに入れなかったが、国境に近いハイバル峠まで行って向こうを眺めることはできた。ペシャワルからワゴン車で行く半日ツアーが出ているのでそれに乗った。
ま ずワゴン車は警察に寄ってその地域の入域許可を取り、ライフルを持った護衛役の警察官を一人同乗させる。ペシャワルとアフガニスタンの国境の間には部族地 域あって、パキスタンが独立した後も自治を勝ち取っており、この国の法律はその地域では効力がない(簡単にいうと危なくて手が出せない)。(外務省海外安全ホームページ
部族地域のすぐ外側はアフガンから流れてくる様々な国の商品のマーケットになっており、ここでも懐かしい日本のものに出会えた。
そ こには最新の製品とはいえないものの秋葉原並みに日本製の電気製品が並んでおり、その他にも時計、カメラ、煙草、シャンプー、リンスなどの日用雑貨品、さ らには日本でも駄菓子屋でしか売ってないような安物のお菓子などが中国製品などに混ざってたくさん並んだディスカウントストアのようなところで売られてい た。
聞いたところによると、これらの商品はアフガン経由で入ってきているので関税は掛からず、関税の高いパキスタンの正規の輸入品より安いということらしい。

不 思議なのはそれらの日本製品の中に日本向けのものが多数あるということだ。いまや外国で日本製品が売られていてもなにも驚くことはないが、日本語の製品名 が印刷された段ボール箱に入った、日本語の説明書の付いた電気製品や、日本で使っていたそのままの日本製のシャンプーやリンス、雑貨品などがパキスタンの 店に普通に並んでいるのはかなりシュールで驚かされる。
シャンプーなどは「○○ストア ¥148」などと日本の小売店の名前が入った小さな値段の シールが付いたままのものまでがあるのだ。つまりはかつては日本の店頭に並んでいた商品ということらしいのだが、それがどういう流通経路をたどってアフガ ニスタンと部族地域経由でそこにたどりついたのか。こんなところにも複雑な利権構造があったりするのだろうか。謎は深まるばかりである。

ま たクエタの通りではしゃれた洋服の古着が安い値段で山のように売られていた。それらには子供服がやたら多く、ラベルをよく見ると欧米など世界各国からの舶 来製品であることが分かった。なぜこんなところに大量の外国製の古着があるのか。パキスタンの業者が欧米の古着屋から買いつけているとは考えられない。そ れらはあまりに大量の数でばらばらな国の製品であり、子供服が多すぎる。第一にここの人たちはほとんど西洋服などは着ないのである。
また漏れ聞い たところによると、それらの服はアフガンの難民のために送られてきた物資がどこかの段階で流れてきて、これらの一般の市場に出まわっているのではないかと いうことであった。欧米などからわざわざお金を掛けて送られてきたそれらの古着はクエタの地元の人々には全く人気がなく、時々外国人旅行者に買われて再び 欧米に戻ったりしている(かなりまわりくどいが役には立っている)。

ペシャワルの謎の商店街を過ぎ、ゲートをくぐって部族地域に一歩入れば、中にはライフルなどを肩にぶら下げた男たちがうろうろとしている。国の法律の通用しないこの中では銃器が製作され、普通に店で売られていて、所持にも特別の許可は必要ない。護衛が付くのはそのためだ。
国境の近くの丘の上まで行き、そこからそのふもとにある、そういわれなければ全く分からないアフガニスタンを眺めて帰った。

草々

[Skype]スカイプ始めました。(ファイル転送編)
前略、

 挑戦したいアレの前に、ファイル転送を試す機会があった。
 むっ…、転送できない。
 ファイル名が悪いのかと思ったが、英数字のみだったので、とりあえずデスクトップにファイルをコピーして、ファイル名に使っていたアンダーバーを取って、再び試すとすんなり転送できた。
 アンダーバーがだめなの?
 ほかにも転送するファイルが同じフォルダーにあったので、アンダーバーを取って転送しようとするとまたダメ。
 話をはしょると、ようするにパス名(ファイル名、そのファイルの入っているフォルダー名、そのフォルダーが入っているフォルダー名…、を元のほうから並べたもの)に日本語が入っているといけないらしい。こういうことは外国産アプリケーションには時々ある。Mac OS X版スカイプのバグらしい。そのうち直るでしょう。直るよね?

草々

[Growlってなに?につづく]
日本語になった外来語の起源 その2
前略、

ポルトガル語、オランダ語起源の外来語に続き、ドイツからのものを紹介します。

ゼッケン Zeichen[ツァイヒェン] 合図、目印、記号
ドーラン Dohran[ドーラン] ドーランを作っている会社名
ボンベ Bombe[ボンベ] ボンベ、爆弾
ガーゼ Gaze[ガーゼ] ガーゼ。これはパレスチナのガザ地区のGazaが語源。
ギブス/ギプス Gips[ギプス] 石膏、ギプス
ルンペン Lumpen[ルンペン] ぼろ着
ワッペン Wappen[ヴァペン] 紋章
ザック Sack[ザク] 袋
ヤッケ Jacke[ヤケ] 上着

このほかにも、医療、登山、スキー用語はドイツ語の独擅場です。


ほかのヨーロッパからではフランスとロシアからのものがいくつかあります。

まず、フランス語から。
バリカン Barriquand et Marre[バリカン・エ・マール] 製造会社の名前
ズボン jupon[ジュポン] ペチコート。なぜペチコートがズボンになったのでしょう
綱引きをするときのかけ声の「オー・エス」の…
エス hisses[イス] 動詞hisser(引き上げる、持ち上げる)の命令形
アンツーカー en-tout-cas[アン・トゥ・カ] 全ての状況で。英語に当てはめるとin-all-case。

つぎにロシア語。
イクラ икра[イクラ] 魚卵
カンパ кампания за сбор денег[カンパニヤ〜] 募金運動
アジト агитпункт[アジトプンクト] 扇動本部
セイウチ сивуч[セヴチ] とど。ロシア語のセイウチはまた別の語らしい
トーチカ огневая точка[オグネヴァヤ・トーチカ] 火力の拠点

さすが共産主義育ての親の国といった語が見受けられます。


ヨーロッパからの最後のおまけとして英語からの意外な外来語を少し。

ジョッキ jug[ジャグ] ジョッキ
ズロース drawers[ドローワーズ] パンツ、ブリーフ
ハツ(焼き肉)hearts[ハーツ] 心臓
ゴロ grounder[グラウンダー] ゴロ。ゴロゴロだからじゃないんですね。
チック cosmetic[コスメティック] 化粧品
ワイシャツ white shirt[ホワイト・シャート] 白いシャツ。白くないものはワイシャツじゃないということ。「Y」シャツではないのだ。
ポチ spottie[スポッティー] 斑点のある。ポチが外国の名前だなんて、知ってましたか。

これまでの外来語は全てヨーロッパからのものでしたが、ヨーロッパ語以外の外来語も数はそれほど多くはありませんが、もちろんあります。
いくつか紹介しますが、中国からの言葉は日本にとって外来語とはいいがたいので意外な感のあるものだけを取り上げます。

シェルパ sher-pa(チベット語) 東部の人
カボチャ Camboja(ポルトガル語) カンボジア
キセル khsier(カンボジア語) 管
カーキ khaki(ヒンディ語) 土色の、ほこりっぽい。
ジパング 日本国(中国語) 日本。当時の「日本国」中国語読みjihpunkuoがマルコポーロによりジパングと紹介され、後にジャパンになった。
カバン 夾板(中国語) 箱
パッチ (朝鮮語) ズボン
チョンガー (朝鮮語) 独身男性
旦那 dana(サンスクリット語) 施し(する人)。サンスクリット語起源の仏教用語は中国経由でたくさんはいっているのでほかは取り上げません。
アルカリ al-qaliy(アラビア語) 焼いた灰
アルコール al-kohl(アラビア語) コール炭
そ の昔、アラビアでは天文学や科学(錬金術)が発達した時期があり、それらの進んだ言葉がヨーロッパに輸入されました。alはアラビア語の定冠詞、英語の theと同じで、アルタイル(al-tahil/飛ぶもの、鳥)やアルコーブ、アラー(al-ilah/the god)、アルファルファ(al-fasfasa/良質のかいば)、錬金術(アルケミー)、代数(アルジェブラ)も同じです。

そのアラビアにある袖の長い上着にjubbaと呼ばれるものがあるそうです。このjubba、実はたくさんの日本語の外来語の語源となっています。
アラビア語jubbaは、英国経由でjumper→ジャンパーとなり、フランスに入ってjupon→ズボンとなり、ポルトガルのgibaoを通って襦袢(じゅばん)となっていったのです。
 同じように、最初に紹介したチョッキ(jaque)も、ヤッケ(Jacke)やジャケット(jacket)と同じルーツを持っているということは、そのものの形態と綴りを見ていただければ分かっていただけると思います。

  日本に入ってきた外来語だけ見ても世界の言葉の不思議なつながりが感じられたのではないでしょうか。今回紹介したのは、いわゆる借用語(loan word)と呼ばれるものがほとんどですが、世界の言葉には単語の貸し借りだけでないもっと深い言語の根元までに至るつながりがあります。

草々
[Garmin]新しいおもちゃ、ガーミン(着いたよ編)
前略、

10/08 14:30(日本時間)
 アメリカのオークションサイトebayGarmin Edge 205を業者から即決落札。
 本体155ドル+送料・手数料45ドル+保険3.20ドル(保険はオプション)
 支払いはPaypal(手数料なし)。

10/12 08:00(日本時間)
 送ったぞと、業者からメール。配送業者USPSのレーベルナンバーで荷物がどこまできたかネットで確認できる。
 
10/12 16:00(アメリカPST)カリフォルニア・ビバリーヒルズのUSPS受け取り。
10/13 17:00(アメリカPST)ロサンジェルスから発送。
10/15 21:44(日本時間)日本到着。
10/15 21:45(日本時間)税関へ入る。
10/16 10:10(日本時間)税関を出る。
10/16 17:10(日本時間)郵便局へ入る。
10/16 18:15(日本時間)配送完了。

 というわけで、日曜日に注文して、次の週の月曜日に到着しました。
 お菓子のカールみたいな発泡スチロールが詰まった箱にうずまって送られてきたので、商品は問題ありませんでした。
 より確実に保証付きで入手したい人は、日本で10000円くらい余計に払って買おう(たとえばここなんかで)。

草々
無線LANのセキュリティを変更
 野良無線LAN探しの旅でセキュリティにめざめて、少々調べた。
 無線LANの最も一般的なセキュリティ対策であるWEPは筋金入りのクラッカー(悪い人)にとっては解読可能で全くセキュリティでもなんでもないらしい。SSIDのステルス化やMACアドレスによるフィルタリングも意味がないとのこと。
 WPA、WPA2というセキュリティ設定がよいとのことなので、そいつに変更。長めのプリシェアード・キーを設定。
 アイポッド・タッチでいったんWEPでの接続を破棄して、その他からWi-Fiネットワーク名 、セキュリティ設定、パスワードを入力して、再接続。アイポッド・タッチのタッチキーボードは打ちにくいのに加え、プリシェアード・キーは「*」でしか表示されないので、長い暗号鍵を間違えずに入力するのはなかなか難しい(間違えても分かりづらい)。暗号生成のため鍵なのでパスワードみたいに短くするのはだめ。英語キーボードに切り替えて入力するのは基本。
 WPA、WPA2によるセキュリティ設定をきっちりしておけば、MACアドレスによるフィルタリングやSSIDのステルス化は特にやる必要はないらしい。
ウェブサイトをiPod touchに最適化する


 このウェブサイトはワードプレスで制作している。
 以前から管理者ページをアイポッド・タッチ/アイフォン用に最適化するWPhoneというプラグインは使っていた。
 たしか、サイトの表示自体も最適化してくれるプラグインもあったような気がしていたのだが、ずっと忘れていた。久々に思い出して探してみた。
 iWPhoneというのがそれ。
 プラグインとテーマをそれぞれのフォルダーに入れて、プラグインを有効化するだけ。
 これまでと同じURLで、アイポッド・タッチ/アイフォンからアクセスされたときだけ専用の最適化されたページで表示してくれる。テーマをいじればカスタマイズも可能。もちろんコメントも付けられる。
 アイポッド・タッチで表示されるウェブクリップのアイコンは、54ピクセルの正方形のpng画像を「apple-touch-icon.png」のファイル名でホームのファイルのある階層に置くのが一番簡単。
 でも、それだとその階層以外にあるページのウェブクリップに対応しないので、各ファイルのヘッダーに
<link rel=”apple-touch-icon” href=”apple-touch-icon.png(へのリンク)” />
 を記述するのがよい(みたい)。
 このサイトも、自分以外に誰がウェブクリップするのかしりませんが、とりあえず対応しました。
[旅文]でんきのないたび 1
前略、

 電気のない旅が楽しくなってきた。
 最初に電気のない旅を経験したのはカナダだっただろうか。カナディアン・ロッキーの南の入り口の町のバンフまで来て、その場の思いつきで自転車を買ってロッキー山脈を縦走してみた。山脈を縦走するといってもそこにはちゃんとした舗装道路(ひび割れだらけだけれども)が通っていて、車や観光バスだと半日で通り過ぎてしまうところである。いろいろ調べてみるとロッキーの道路沿いには数十キロごとにユース・ホステルがあるので、自転車さえあればテントや調理道具などの重装備をする必要がなく、バスで半日で観光して通り過ぎてしまうよりじっくり楽しめると思ったのだ。
 山に入って最初のうちはユース・ホステルも町と変わらない設備だったのだが、国立公園内に入っていくと開発の制限があるので宿は山小屋風で設備は最低限のものになり、水道も電気も電話もなくなった。
 調理はプロパンガス、照明はガスかオイルランプ、暖房はガスや薪、飲料水は近くの小川からポリタンクで汲んできて五分間ほど煮沸消毒する。小川の水はロッキーの雪解け水なので冷たく澄んでいて、一見何の問題もなさそうなのだが、ビーヴァーのおしっこに含まれる成分でかかるというビーヴァー・フィーヴァーという熱病になることがあるらしい。
 あるユース・ホステルには冷蔵庫があったので驚いた。電気のない宿にある冷蔵庫なのに開けるとちゃんと冷えていた。よくみるとガス管がつながっていて、ガス冷房という仕組みがあるとはしらなかった当時はふしぎに思ったものだった。
 別のユース・ホステルではお客が宿泊料をクレジット・カードで払っていた。電気も水道も電話もなく、トイレも離れの個室で穴の中にするような一泊八ドルほどの宿でも、さすがはクレジット社会の北米なのである。
 舗装道路が通ってはいるものの、やはり山の中を自転車で行くのは坂道がかなりきつく、途中の宿では雪に降りこめられてなかなか出発できなかったり、食料が足りなくなって団体客(自転車で旅するツアー客がいた)にめぐんでもらったりして大変だったが、雪山や川、湖、大氷河は美しく、鹿やビッグ・ホーン・シープ、マウンテン・ゴート、黒熊、グリズリー・ベアーなど野生動物も見れて、バスで半日で通り過ぎるよりはよっぽど楽しい経験ができた。

つづく
 
[晴走雨読]日本半周 Day 016 岩手
6月13日(火)曇り時々雨
 出発してすぐににわか雨にあったりしながら、北へ進み、盛岡市を過ぎる。
 このあたりはもう北上川からも離れ、これまで専門に泊まっていた川原も海岸もない山の中なのでキャンプ地を探すのがちょっと大変。のちに閉店後の「道の駅」の軒先でテントを張ってよく泊まるという旅人と会って、なるほどと思ったのだが、そのころはそんなことは考えもしなかった。
 岩手町の道の駅の近くに彫刻公園という彫刻の立ち並んだ公園があったので、そのすみっこにテントを張った。
(89.71km/5h13m・計996.2km)



[乱]ランダム記事

[先に追記]以下の情報は古くなっています。いまなら、 Simplenote – Fast……
前略、 ギョレメは奇岩が集まったカッパドキアと呼ばれる地域にある小さな村である。この地域全体の地盤が……
前略、 ルーマニアを旅していたときの話である。 闇両替がまだ行われていたこの国では、観光客の多い大き……
 中東を廻っていたとき、ヨルダンからシリアに入ってダマスカスの宿でのこと、ぼくの訪れた安宿にはあまり……
 福井県のあたりだったかな。  ちょうど高校生のころにPC-8001は発売された。16万円ぐらいじゃ……
(「野宿野郎」5号より転載)……
6月7日(水)雨のち曇り  未明から雨が降りだした。夜が明けてからさらに雨は強くなり、雷も鳴りだした……
前略、 シリアからトルコへ。 イスタンブールには前回の旅で来ていたこともあってのんびりと過ごした。 ……
 ついでだからとアイチューンズに保存されているポッドキャストも同じ方法でドロップボックスに突っ込んで……
6月17日(土)曇り  北海道に渡る前に、スーパーマーケットでお米屋さんの場所を教えてもらい、再びお……
「乳母車」っていいかたは古くさい?  ああ、確かに…。かっこいいとは言い難いね…。  じゃあ、なんて……
5月30日(火)晴れ  7時起床。出発。三浦半島を南下する。このへんからの海沿いは崖になっていて道も……
 ウェブログのプラットフォームのワードプレスを2.3にヴァージョンアップしたら、記事にタグを付けるこ……
 野良無線LAN探しの旅でセキュリティにめざめて、少々調べた。  無線LANの最も一般的なセキュリテ……
リガを出発、エストニアに入る。 タリンは三国の首都の中では一番進んでいる町だった。フィンランドが海を……
[電]電子機器カテゴリー
アイフォン5sをヤフオクで買う。 側面などに落として付いた傷が少々あるが、まあ想定内。 機能には問題……
[網]インターネットカテゴリー
ドメイン引越ついでにデザインも変更することに。 前のは変に凝ってしまって自分でも分かりにくかったし、……
[画]画像・デザインカテゴリー
うちに時々宗教の人がきて、ポストに冊子を入れていく。 今日、メモする紙がなくてその冊子をちぎろうとし……
[物]物品カテゴリー
アイフォン5sをヤフオクで買う。 側面などに落として付いた傷が少々あるが、まあ想定内。 機能には問題……
[楽]娯楽・遊びカテゴリー
 アイポッド・タッチのタッチインターフェイスでは、素早いボタンさばきの必要なアクションゲームはプレイ……
[旅]旅行カテゴリー
 テントのポールが折れている。  応急修理をしたままずっと使っている。  最初にポールが折れたときに……
[文]文・言葉・言語カテゴリー
「乳母車」っていいかたは古くさい?  ああ、確かに…。かっこいいとは言い難いね…。  じゃあ、なんて……
[他]その他カテゴリー
 アパートの一階の軒下につばめの巣が2つ3つあった。  今年のシーズン前、業者が来て全部掃除してなく……
[探]年別記事・検索
    

    
© Al.cherin.ga